成果をみんなで喜ぶ

 

あなたは最近、誰かと喜びを分かち合いましたか?

 

 

あなたにとって嬉しかったこと、あるいはあなたの仲間が嬉しかったこと。

 

 

組織の良さは、こうした誰かの喜びを分かち合えることにあるのかもしれません。

 

 

矢部輝夫氏の著書「奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り」の中に、

 

リーダーシップとは以下の要素を満たすことであると述べられています。

 

 

---------------------------------------------------------------------

 

・自分の会社のどこに解決すべき課題があるかをよく知っている 

 

・その課題をどうすればいいかを考えられる

 

・みんなを説得し、納得してもらう能力がある

 

・みんなと一緒にその施策を展開できる心の広さを持つ

 

・課題が解決したならば、みんなとそのことを喜ぶ力を持つ

 

---------------------------------------------------------------------

 

 

課題を把握し、解決策を考える。

 

そして、それを自分だけで取り組むのではなく、みんなに取り組んでもらう。

 

 

そのためには、他者に動いてもらう力が必要です。

 

 

リーダーシップについて多くの人が考えることは、

 

課題解決までのプロセスについてであり、

 

結果以降についてはそれほど考えていないように思います。

 

 

考えていたとしても、結果に責任を持つことや、

 

結果を踏まえて改善案を考えるといった類ではないでしょうか?

 

 

 

もちろん、こうしたことも大切ではありますが、うまくいった時に、

 

課題解決に取り組んだ人々と一緒になって喜んでいますか?

 

 

 

何のためにリーダーシップを発揮するのか?

 

 

私たちはリーダーに何を求めているのでしょうか?

 

 

 

“みんなを喜びへと導く(lead)”

 

 

そんなリーダーがいま求められているのかもしれません。